庭の力(名古屋の家編)

皆様はお盆休みいかがお過ごしでしょうか?

名古屋モデルハウスは明日まで通常営業です。お待ちいたしております。

さて、休みが終わるとあっという間に愛知県春日井市にて勝川の家見学会が開催されます!

名古屋営業部のメンバーがそれぞれブログを上げ始めておりますが、工事が着々と

進んでおります。

私も先日、現場を覗いてきました。

現場は外構工事の真っ最中。お施主さんと庭師さんが敷地周りの境界に石を並べていました。

とにかく目に付くたくさんの石、石、、この先どうなっていくのか楽しみな感じでした。

こちらも石。井戸かと思いましたが、高さの異なるモニュメントが3つ出来上がるそうです。

こちらは旧家の解体現場から仕入れたという石を使ったオブジェ。こちらはお施主様の趣味で

集められているレコードのプレイヤーをイメージしたものだそうです。

室内からの音が他の石をはねていってという庭師さん独特の世界観とストーリーを語ってくださいました。

個人的にはきれいなタイルもいいですが、この自然から持ってきた石や砂利というのがとても好きです。

長い年月をかけて様々な形になり、色味もばらばらですが、人工物ではないので、どこか温かみがあり

劣化したりということはありません。

先日お引渡しのお住まいでも石畳と植栽が活きたお庭になりました。(今回の勝川の家、名古屋モデルハウスも手がけた庭師さんです。)

 

緑があると落ち着くという話はよくあります。

本来人類は自然の中で自然のもので家を建て、道具を作り、果実を収穫したり、農業をして

生きてきました。そう考えるとやはり本能的に人は自然なものを求めるようになっている、落ち着ける

ようになっているのかなと最近はよく思います。

「石が活きるお庭」も今回の見学会ではぜひ注目してみてください!!
PR:名古屋で注文住宅を建てる